自由に働いて稼ぐための、これからの指針

  1. インターネットの使い方
  2. 35 view

なぜウェブで働き方を変えないのか

なぜウェブで働き方を変えないのか

ここでの「ウェブ」とは、ウェブサイトであり、インターネットであり、例えばブログ、と考えてください。

このタイトルを読んで、あなたはどう思われたでしょうか?

  • うさんくさい。
  • どうせ怪しいビジネスでしょ。
  • そんなことできるはずがない。

ほとんどの人は脊髄反射的に、そう思ったのではないかと思います。

わかります。僕もそうでしたから。

もうちょっと突っ込んで考えてみましょう。では、その根拠は、何でしょうか?

  • うさんくさいから。
  • 怪しいから。
  • そんなことできるはずがないから。

上に書いたことを繰り返しただけですが(笑)、おおよそそんなところではないかと思います。

確かにウェブ上で、それを証明する「うさんくさくて怪しい」コンテンツは、たくさんあります。
試しにGoogle検索してみましょう。
ネットビジネス 詐欺
いや〜、本当に、うさんくさくて怪しいですね。

しかし、ちょっと待ってください。

こんな情報から、この程度の判断から、すべてが「うさんくさい」「怪しい」と思うのは大変もったいない。
少なくとも僕は、そう断言できます。

実際の話をします。

僕はたまたま中小企業診断士として独立しましたが、
別に「中小企業診断士」を商売ネタとして働いてきたわけではありません。
「診断士だから」と言って、自動的にお金をもらえるようなことは「ほとんど無い」のです。

まぁ無くはないのですが、それは相談員として座っていたり、書類を書いたりと、
それでは普通のサラリーマンの働き方とあまり変わりません。

独立して働くには、価値提供をしなければなりません。
もっと簡単にざっくり言えば、「人の役に立て」ということですね。
サラリーマンの枠組みを外れて自分で稼ぐには、人の役に立たなければなりません。

そして、士業、個人事業主、フリーランス、小規模事業者としてやっていくには、ウェブは必須です。
それは「人の役に立つ」ことに、直結するからです。

ウェブを活用することで、僕はどう働き方を変えたのか?
実際、ウェブで働き方を変えるには、どのようなことを考えればいいのか?

そのポイントは2つ。

  1. ウェブを使えば集客ができるから
  2. 集客ができれば販売ができるから

この2つの考え方が、その基本になります。
これは、直接的にも、間接的にも、重要になる考え方です。

どういうことか? 順番に説明していきます。

ウェブで「直接的に」働き方を変えるには

ちゃんとウェブを使えば集客ができます。
自分で何か売りたいものがあるのであれば、集客をしておいて、そこで販売します。

ウェブで「間接的に」働き方を変えるには

ちゃんとウェブを使えるのであれば、集客ができます。
それは自分以外で、誰かが「何か売りたいもの」を持っているのであれば、
集客をしてあげて、それで販売を「手伝う」ことができます。

以上です。

敢えてギュッと凝縮して書いていますが、要するにこういうことです。

言葉を変えようと思えば、ウェブマーケティングだとか、ウェブコンサルティングだとか、集客代行だとか、いろいろと書けます。
ですがそれらは表面上の表現の話であって、まったく本質ではありません。

上にも書きましたが「要するに、どう人の役に立つのか」という視点が欠けていると、
多くの情報ビジネスのように、うさんくさくて怪しいものになってしまいます。

実際にやっていることを書きますと、

僕は情報ビジネスで学んだノウハウを使って、
顧問先企業のウェブサイトを立ち上げ、その記事を定期的に書いています。

B2B企業ですので、そこで集客して販売している装置は、1000万円を下りません。

そんな企業のウェブサイトで、毎月のように問い合わせが発生し、それが販売につながっているのです。

月々の顧問料は、20万円+消費税です。それが僕の収入となります。
そしてその金額規模の商品を扱っている企業からしてみれば、安いものです。

こんなにエキサイティングで、人の役に立てることは、そうそうありません。

単純にこれは「人の役に立って」いますよね。
資格がどうとか、スキルがどうとかいう次元の話ではありません。

ここに書いた話は一例に過ぎません。

こんな長い文章を読んでいるような真面目な読者であれば、ちょっとやり方さえ覚えれば、同じことができます。
特に士業であったり、士業の資格取得を目指しているような人であれば、楽勝です。

大切なのは、「人の役に立つ」ことに向けて、視点を動かすことです。

資格は肩書であって、それなりの能力を証明するものに過ぎません。
それそのものが「役に立つ」ものではありません。

ウェブを使えば、働き方は変えられるのです。

このブログでは、その具体的な手順や、ノウハウについても書いていきます。
今後もチェックしてみてください。

インターネットの使い方の最近記事

  1. なぜウェブで働き方を変えないのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。